• トップ
  • トナーの種類による違いについて

 トナーの種類による違いについて

種類 特徴 品質 (不具合率) 価格
純正品
 
プリンタ本体の製造メーカーが国内向けに生産する新品の正規品トナーです。価格は一番割高ですが、品質が安定しています。
◎ (約0.5%) 高い
海外純正品
(並行輸入)
海外向けに作った純正トナーを逆輸入したトナーです。プリンターメーカーは日本と同じ仕様のプリンターを海外でも販売しているため、品質は純正品と同等です。
◎ (約0.5%) 少し安い
汎用品
(OEM/ノーブランド)
純正トナーを製造している工場で作られたOEMトナーです。メーカーを通さず販売しているため、外箱やカートリッジにメーカー名は入っていませんが、純正品と同等の品質をお求めいただけます。 ◎ (約0.5%) 少し安い
リサイクル品
(再生)
純正の使用済みカートリッジを回収し、洗浄・修理・部品を点検・交換したのちにトナーの充填して組み立てた製品です。 △  (約1~2%) 安い
高品質リサイクル品
(モノクロ用)
微粒子トナーの採用により、不良品率が非常に少ない商品です。特に大量に印刷される方に最適です。
〇  (約0.5~1%) 安い
高彩色リサイクル品
(カラー用)
一般的なリサイクル品と違い、特殊トナーを採用しています。グラフィック・ポスターなど、カラー色を多く使用される方に最適です。 〇  (約0.5~1%) 安い
交換・模造品
(模倣トナー/コンパチ)
トナーの部品・粉をプリンターメーカーではない第三者が製造したトナーです。
※アケボノサービスでは、品質や保証が確保できないため互換品は販売しておりません。
△  (-) 安い