チェーンストア統一伝票(B様式)

種類から選ぶ

統一伝票について

統一伝票の様式や印字内容を決定するのはすべて買手(納入先)側が行うことになっておりますので、買手側に商品名・商品番号・様式などをご確認願います。
統一伝票のご利用にあたっては、売手と買手がよく協議され、買手側の指示にしたがってご利用いただきますよう、お願い致します。

統一伝票の取引の流れ 

ターンアラウンド

  • 買手側で入力したデータを共有し、売手側が印刷を行う時に使用します。
  • ターンアラウンドとは、オンライン発注データが取引先で複写式の統一伝票に印字され、仕入れ伝票として買手側(小売業者)に返ってくることです。
    同じデータを共有して「発注書兼仕入伝票」として活用するため、伝票の起票や転記ミスがなくなります。

 印字・紙質しっかりタイプ

タイプ用

パソコンで伝票を作成する時に使用します。

 印字・紙質しっかりタイプ

手書き用

手書きで伝票を作成する時に使用します。

OCR用

納入先がOCRで自動読取る時に使用します。  (※OCRとは、スキャナーやイメージリーダーでOCR文字を利用してデータを自動読み取りするシステムです)

返品伝票 タイプ用

買手側(小売業側)が返品する場合、パソコンで伝票を作成する時に使用します。(5枚複写)

返品伝票 手書き用

買手側(小売業側)が返品する場合、手書きで伝票を作成する時に使用します。(5枚複写)

 統一伝票の流れ

企業間の取引状態(業態)や取り扱い商品(業種)によって統一伝票の流れは異なります。

チェーンストア統一伝票、百貨店統一伝票の場合

買手側:納入先であるチェーンストア等の小売業者
売手側:仕入先であるメーカー・卸売業者

統一伝票の流れ メール・電話・FAX

 買手側からメール・電話・FAXで受注する場合

チェーンストア統一伝票 百貨店統一伝票
手書きで伝票を作成する 手書き用 手書き用
パソコンで伝票を作成する タイプ用 タイプ用
買手側がOCRで自動読取する OCR用
統一伝票の流れ オンライン

 買手側からオンラインで受注する場合

チェーンストア統一伝票 百貨店統一伝票
パソコンで伝票を作成する ターンアラウンド取引対応
買手側がOCRで自動読取する OCR用
買手側がOCRを使用しない ターンアラウンド型

 アケボノサービスの統一伝票の特徴

アケボノサービスで販売している統一伝票は、品質の良い日本製の商品をお求めやすい価格で販売しております。

最後の複写用紙までしっかりと複写される

最後の複写用紙までしっかりと印字されるため、安心してご使用いただけいます。印字サンプルは、統一伝票の印字サンプルのページをご覧ください。

ちぎりやすいミシン目

統一伝票は、ミシン目(耳)のちぎりやすさも重要な要素です。女性でも簡単にちぎれるため、ストレスなく効率よく伝票処理を行うことができます。

複写用紙の印字位置や穴の位置がずれない

品質の悪い統一伝票は、紙が収縮してシワができてしまい、穴の位置や印字がズレてしまう場合があります。穴の位置のズレはプリンターを停止させてしまう可能性もあります。

 梱包について

お客様が安心してご利用いただけるように、梱包にも配慮しております。

統一伝票の商品ラベル

商品ラベル

商品が分かりやすいように、ラベリングをしております。ラベルリングは、シールまたは印字でしてあります。

統一伝票の梱包

梱包

2箱注文の場合は、専用ダンボールに入れて配送しております。1箱注文の場合は、気泡緩衝材で梱包してお送りします。

統一伝票の商品保護

商品保護

配送時の箱潰れなどから保護するために、2箱注文時の外箱と内箱の間には、緩衝材を入れてお送りします。1箱注文時は、気泡緩衝材で包んでおります。

統一伝票の商品管理

商品管理

商品の管理を考慮し、外箱にも商品内容がわかるように商品名を記載しております。